MENU

ソフトバンク光@アパートはいくら工事費

 

ソフトバンク光をアパート・マンション集合住宅で使うなら工事費用は、

 

新規工事と転用で料金が異なります。

 

【ソフトバンク光の工事費用】

  • 転用:0円
  • 新規:24,000円(税抜)円

 

です。

 

ちなみに、そのアパート・マンションでフレッツ光が導入されているのであれば、ソフトバンク光は利用可能です。

 

キャンペーンで工事費用無料!

 

新規回線工事24,000円(税抜)円って結構しますよね?

 

ですが、他社回線からの乗り換え申し込みで24000円の商品券
もしくは、1000円×24回割引キャンペーンがあります。

 

※つまり、実質無料です。

 

 

ソフトバンク光

 



 

 

【キャッシュバック】

  • マンション:24,000円
  • 戸建:24,000円
  • 他社→ソフトバンク光の違約金、全額負担

 

全国対応&戸建て・マンション問わないソフトバンク光。

 

現在、工事費用も実質無料&他社への乗り換え満額負担キャンペーン中!

 

他社からの切り替え時、違約金で悩んでいる方は必見!

 

>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

 

※ソフトバンク光はアパートにフレッツ光が導入されていれば、工事可能です。

 

 

ソフトバンク光の特徴を解説

 

ソフトバンク光とは、NTTの「フレッツ光」をソフトバンクが請け負ったインターネット回線です。フレッツ光を利用するので、品質や速度などが高いまま手ごろな価格でインターネットを楽しむことができます。

 

ソフトバンク光の特徴は例えば、フレッツ光を利用していると、プロバイダ利用料が950円(税抜)、光利用料が4500円(税抜)かかります。
しかし、ソフトバンク光は、プロバイダ料込で3800円(集合)、5200円(戸建)で使うことができ、かなりお安くなることになります。

 

それに加えて、携帯もソフトバンクなら携帯が2年間毎月最大2000円割引になります。ソフトバンク光は、インターネットと携帯の両方を使うことで、とてもお得に利用できるようになっています。

 

もし現在フレッツ光を利用中なら、工事費は不用です。簡単な手続きとYahoo! BBへの加入だけでソフトバンク光へ切り替えができます。現在のプロバイダの違約金も還元してくれます。

 

その他にオプションがあります。電話サービスは一般電話となら距離に関係無く全国一律料金で電話をかけることができます。さらにソフトバンクのBBフォン同士なら通話料は無料になるのでよく電話をかける人にはお勧めのオプションです。
もちろんサポートサービスやセキュリティも充実しているので、安心してソフトバンク光を利用することができます。

 

 

 

 

ネット回線のよくある疑問

 

ネット回線

 

賃貸アパートは穴あけなどネット回線工事は許可が必要?

 

最近の賃貸アパートでは、インターネットの回線がすでに導入されている物件も多くあります。

 

その場合は個人で契約をするだけですぐに利用開始できますので、ネット回線工事の必要はありません。

 

パソコンと部屋に設置されている回線をつなぐだけでOKです。

 

そうではない物件の場合は、インターネットの契約をする前に不動産等に確認をしておきましょう。

 

ネット回線工事では外部から室内に導線を通しますので、場合によっては穴あけをしなければならないこともあります。

 

賃貸アパートですので、勝手に穴あけ等をしてしまうと退去時に現状回復を求められる可能性もあります。
事前に不動産に確認をし、家主さんの許可を得てからインターネット契約をすることをオススメします。

 

またエアコンの配管用の穴がある部屋であれば、新たに穴あけをする必要もなくそれを利用してインターネット回線を通せることもあります。

 

配管用の穴が利用できるかどうかは、工事に入る業者に確認をしてください。いずれの場合も、やはり事前に不動産への確認や家主さんの許可は必要になります。
工事では音も気になるところですので、日程が決まったらお隣さんなどにもひと言伝えておくと、余計なトラブルを回避することもできるでしょう。

 

 

新規回線と転用回線の違い

 

インターネットの契約には、それまでの状態によって新規や転用、乗り換えに分かれます。

 

住んでいる場所で、過去に1度もインターネットを契約したことが無い場合は新規回線となり、
回線工事が必要となります。過去にインターネットを使用し回線が引かれていたとしても、回線タイプが異なる場合は新規回線です。

 

乗り換えは、既にインターネットを使用中で、契約しているプロバイダを他社に変更するもので、
同じ回線タイプを使用する限りは新たな回線工事は必要ありません。解約手続きと契約手続きだけで、引き続きインターネットを利用することができます。

 

転用回線契約も乗り換えと似ていますが、乗り換えとの違いはプロバイダではなく使用していた回線です。

 

フレッツ光やコラボ光の回線を契約している人が、どちらかの回線に乗り換えることを転用と呼んでいます。

 

以前はNTTのみが光回線を提供していましたが、法律改正により他の事業者が運営できるようになったためで、NTT以外の事業者がNTTの光回線を借り、ユーザーに提供するサービスがコラボ光です。

 

このため、乗り換えと同様に解約と契約手続きのみで新しい回線でのインターネットが可能となり、回線工事を必要としません。

 

ただし、光電話の取り扱いは異なるため注意が必要となります。

 

光電話※メリット・デメリット

 

高速インターネットが出来るサービスとして多くの家庭が採用しているものといえば光回線です。

 

光回線は光ファイバーケーブルを使い通信を行うもので、長距離のデータ転送に適しています。

 

インターネット回線を使い光電話を利用できるサービスもあるのですが、こちらは通常の電話よりも料金が非常に安いです。

 

一般的なアナログ回線なら1500円前後ですが、光電話なら500円くらいで利用できます。

 

通話料に関してもかなり安いので使い勝手の良いのがメリットです。他にも高速で通信できるうえに品質の高い音声を届ける事ができるのも特徴となっています。

 

ノイズを気にする必要がないので聞き取りやすく商売にも適していると言えるでしょう。

 

逆に光電話のデメリットはというと停電した時に利用できなくなる部分です。

 

基本的にアナログ回線なら停電してもNTT基地局が停止しない限り利用可能となっています。

 

光電話はホームゲートウェイを使いアクセスするので電源が必要になる、これにより停電すると電気が供給できないため使えない仕組みです。

 

またホームゲートウェイの電源を切ってしまっても使えません。
もう1つは利用できない特殊番号が用意されていて、時報や天気予報が使えなくなってしまうのがデメリットです。

 

ソフトバンク光で一戸建ての具体的な工事内容を解説

 

ソフトバンク光を一戸建てで利用するときは、専用の工事が必要になります。工事は、専門業者が行ってくれるので全てを任せることができますが、具体的な工事内容として電柱に通っている光ファイバー回線からケーブルを引き込むことになります。ソフトバンク光は、NTTが所有している光ファイバー回線を利用していますが、その光ファイバー回線はすでに電柱に通っています。そのため、工事は電柱からケーブルを引っ張って自宅に引き込む作業を行います。高い部分で工事をするため、工事業者はクレーン付きトラックで行います。電柱から引っ張った光ファイバー回線をケーブルで一戸建てまで引っ張り、それをエアダクトなどの穴から宅内に引き込みます。エアダクトなどの穴がない場合は、1〜2cmの穴を壁に空けることになります。そして引き込んだケーブルを専用の機械につなぎます。その機械にパソコンをつなゲバインターネットをすぐに使用できますが、無線LANの機械をつなげることで、一戸建て内であればパソコンやタブレット、スマートフォンをwi-fiで使用することが可能になります。電柱から光ファイバー回線を引っ張る工事は約1〜2時間程度かかりますが、室内に機械を設置するのは30分もかからずに終わらせることができます。

 

 

光コラボレーションモデルのメリット・デメリットとは?

 

光コラボレーションモデルとは、光アクセス回線を借りたNTT東日本とNTT西日本が色々な事業者に自社のサービスと組み合わせたものをユーザーにより便利なサービスを提供していくものです。光コラボと呼ばれる場合もあります。

 

そんな光コラボレーションモデルのメリットは、ネット料金が今までより安くなります。そして、各種携帯会社との契約の割引もありスマホ代も安くなりますので、家計の負担を減らすことができます。フレッツ光から光コラボレーションに転用するとキャッシュバックが貰えるなど金銭面でのメリットがあります。対応エリアも光回線を使うことでフレッツ光と同じ提供エリアになりますので環境にも問題ありません。

 

デメリットは、転用の手続きが少し面倒でNTTフレッツ光が自動解約になりますので気をつけてください。また分からないことがあって問い合わせをしようとしても、なかなか繋がりにくいのが現状のため問い合わせに時間がかかります。光コラボレーションは、速度が遅くなり、ネットに繋がりにくくなる場合もあります。

 

光コラボレーションモデルに変更を希望される方は、きちんとメリットとデメリットを理解した上で、検討を行ってからの変更をお勧めします。"